Top
■ 地震災害 お見舞い申し上げます
2011年 03月 14日 |

地震災害 お見舞い申し上げます。



2011. 3月11日に発生いたし ました、東北地方太平洋沖地震にて
被害を受けられた地域の皆様に、 謹んでお見舞い 申しあげますと共に、
一日も早い復旧を心よりお祈り申しあげます。



僕自身大地震発生時には、神奈川県川崎市(震度5弱)建築現場にて
現場管理をしていました、幸い現場作業員の怪我事故、重機転倒災害、
仮設物倒壊、掘削土崩壊等の災害は防ぐことが出来ました。



現在、いろんな情報がものすごい勢いで錯綜しています。
ひとりひとりが情報を鵜呑みにしパニックになるのではなく、良く考え、
冷静に対処しいま自身ができることをしっかりやっていくこと。

それがいまできる最大の協力ではないかと思います。





[PR]

by mono-key | 2011-03-14 00:00 | 挨拶・お知らせ | Comments(4)
Commented by ヒロプ at 2011-03-16 22:14 x
これからの対応が・・・「日本人」としての本質ですよね。

どんなに追いつめられても「人に譲る」
自分がつらい思いをしても「弱い者を助ける」
そして・・・「泣き言を言わない」

「武士は食わねど高楊枝」
どんな状態になっても、笑顔で乗り切りたいモノですね。
Commented by スプリング at 2011-03-17 09:09 x
今朝は穏やかな朝だったので地震の後の初めてのジョギング。
いつも片っ端から挨拶しながら走っていたけど今朝1番に会った人に声をかけた時「挨拶って元気で生きてる事の確認なんだな」と感じ胸が熱くなった。

いつも土手の上から見る沢山の走る車も今朝は違って見えた。ガソリンやガスを運ぶトラックに「頑張ってくれてありがとう」と涙が出た。

救助隊でも医者でもない私が出来ることは声をかけること。
信じられるのは人のぬくもり、温かさ。
声援も大きな力になる。

決して日本はつぶれない。
Commented by mono-key at 2011-03-17 12:53
■ヒロプさん
こんにちは、そうですね。
こういうときにこそ「日本人」の本質で!!
できること無いようでたくさんあることに気づかされます。
どんな状態であれど、日本人の誇りを持ち協力し復旧復興する日が
一日でも早くなるようこういうときこそ笑顔で手を取り合って頑張って
行きましょう!!

Commented by mono-key at 2011-03-17 13:04
■スプリングさん
こんにちは、地震後初のジョギングだったんですね。
僕も、毎朝ではありませんが朝早く公園でキャッチボールを子供としています。
いつもいる人が笑顔で挨拶してくれたとき、急に安堵感を感じジーンとしました。

流通関係のトラックもボランティアで動いてる車もあるらしいです。
本当に良い国だと思い知らされます。

不眠不休で今頑張ってる人たちが大勢います。
僕たちができることそれはまず身近なところにあるのかもしれません。
声援も大きな力です!!
決して日本はつぶれない!!!