Top
■ カメラ雑誌
2009年 03月 07日 |
c0164234_101658.jpg





最近、ホント天気が良くないですが、
今日は晴れ間みえてますね~。
折角の晴れ間・・・写真撮り行きたいなと思いつつ、
土曜日も通常業務のmono-keyです^^;
(Blog書いてんじゃね~かと?! 息抜きです・・・ハイ)


カメラ雑誌は高いので、ブックオフでカメラ雑誌は買います。
たまたま見つけたカメラ本・・・またライカかよ?おい!? 
と思いつつ流し読み。

うん。これが面白い・・・200円・・・買っちゃえと言う事で
「いつもカメラが」 著 内田ユキオ 買いました。

その中で、
はっきりしたものを撮るときは=カラー
良く分からない心情的なものを撮るときは=モノクロ
にすれば良い的な事が書いてありました。

妙に納得する内容だったので記事にしてみました。
確かに言われてみれば・・・

僕はプロでもマニアでも無いので偉そうな事は言えませんが、
モノクロで撮るときには、これが撮りたいと言うよりも
イメージが撮りたい的な時が多いです。(かなり抽象的な表現しか出来まへん)
特に、光を撮りたいなんて思うときは、ブツなんてそれを引き立てる
モノでしかない的に撮ります。(一応感謝のココロ忘れないようにネ)

で何が撮りたいの?
なんて質問やっぱりされると未だに困っちゃうもんねw



けど・・・ライカってそんなに良いのかなやっぱり???

[PR]